【専門業者vs工務店vsハウスメーカーを費用徹底比較】防水工事はどこに依頼すべきか?

2021年11月30日

普段はあまり馴染みがない防水工事。どこに頼んだら良いのでしょうか?
防水工事の依頼先としては主に「防水工事専門業者」「工務店」「ハウスメーカー」の3種類が挙げられます。
業者によって料金や工事のスピード、質も大きく異なりますが、一般の方にはその差はなかなかわかりにくいものです。

このコラムではそれぞれの業者のメリット・デメリットを解説。実際にかかる費用の違いについても比較しています。
質が高い防水工事を安く、スピーディーに実現するためには業者選びが大切です。
特にはじめて防水工事をされる方は、今回の記事が参考になるかと思います。

防水工事はどの業者に依頼するべきか?

前述のとおり、防水工事に対応してくれる業者には「防水工事専門業者」「工務店」「ハウスメーカー」の3種類があります。
それぞれに依頼するメリットとデメリットを見ていきましょう。

防水工事専門業者

防水工事専門業者は防水工事のみ、あるいは防水工事をメインに行なっている施工業者です。

メリット

やはり防水工事を専門にしているため、防水技術や塗料に関する知識が豊富で質が高い工事が期待できます。
建物や現場の状況に応じて適切な工法を提案・施工してくれます。

下請けを使わず自社の職人が直接施工を担当するため、中間マージンが発生せずリーズナブルな防水工事が実現できます。
また、経験が豊富で効率的に作業ができるノウハウがあるので、工務店やハウスメーカーよりも工期が短いのもメリットです。

地元密着型であるため問い合わせ対応や見積もりもスピーディーで、地域に合わせた工法や塗料選びをしてくれます。
仮に施工後に問題が発生してもすぐに対応してもらえる可能性が高いです。

工務店

工務店は中小規模の住宅会社を指します。
地元密着型であり、対応エリアは市区町村単位あるいは都道府県単位というように比較的狭い傾向があります。

メリット

地域密着型でありフットワークが軽いため、問い合わせや相談をしたらすぐに対応してくれる可能性があります。
物理的距離が近いため、すぐに担当者が駆けつけてくれて、施工までスピーディーに進むというスピード感は工務店ならではです。
費用に関しても大手と比較すると安い傾向があります。

また、建物を建ててくれた工務店に依頼する場合は図面などのデータが残っているため、それを使うことでよりスピーディーかつ適切な施工にもつながります。

デメリット

塗装専門業者とのいちばん大きな違いは自社に職人がいないことです。
多くの場合工務店では防水工事を防水工事専門業者あるいは職人に外注します。
その分中間マージンが発生するため、費用が高くなりがちです。

加えて工務店の担当者は防水工事の専門家ではないため、問い合わせや見積り依頼に対してすぐに返答ができない場合もあります。
社内に防水工事についてわかるスタッフがいないというケースも少なくありません。
問い合わせであれ、工事依頼であれ、一旦外注業者に伝達しなければいけないため、レスポンスがどうしても遅くなる傾向があります。

また、アフターケアや保証に関しては工務店ごとに方針が違うため、当たり外れが大きいです。

ハウスメーカー

ハウスメーカーは大手の住宅会社を指します。
全国各地に事業展開していて、TVCMなどで積極的に宣伝しているため、知名度が非常に高いです。

メリット

やはり大手ならではの安心感があります。
社内のマニュアルや仕組みがしっかりと整備されていて、さまざまな人材がいるので、防水工事に関してもある程度専門的な対応をしてくれる可能性が高いです。
アフターケアに関してもしっかり仕組み化されているので、当たり外れが少なく、問題が発生した際には適切に対応してくれます。

また、工務店と同様建物の設計・施工を担当したハウスメーカーであれば、当時の図面を使うことで、適切な防水工事がスムーズに行える可能性が高くなります。

デメリット

ハウスメーカーであっても工務店と同様、実際の施工は下請け業者が担当するケースが多いです。
大企業が利益を得るためには施工料金を高く設定する必要があるため、費用は防水工事専門業者や工務店と比較すると高額になる傾向があります。

また、大企業であるため時間がかかるケースが多いです。
問い合わせ窓口→営業→工務→下請け業者というように、さまざまな部門を経由するフローになっていて、場合によっては上司の決済も必要となるため、どうしても防水工事専門業者や工務店よりもスピード感が遅くなってしまいます。

防水工事専門業者 工務店 ハウスメーカー
費 用
専門性
スピード感
アフターケア

トータルだとこんなに価格に差が出る!

特に防水工事専門業者に直接依頼するケースと工務店・ハウスメーカーに依頼するケースで大きく異なるのが費用です。
たとえば、40㎡の屋上に防水工事を行う場合、防水工事専門業者であれば40万円で済みますが、工務店であれば70万円、ハウスメーカーでは倍以上の100万円がかかります。

約40㎡の屋上に防水工事をしたときの見積もり比較

※人件費、材料費など込み

防水工事専門業者 工務店 ハウスメーカー
約40万円 約70万円 約100万円

先ほどもご説明しましたが、防水工事専門業者では自社の職人が施工を行うため、費用を安く抑えることができます。工務店・ハウスメーカーは多くの場合工事を外注し中間マージンが上乗せされるため、費用が高くなってしまうのです。
工務店やハウスメーカーも問い合わせの対応や工事手配などで動いていて人件費や経費がかかるため、中間マージンが発生するのは致し方ない面もあります。

また、工務店やハウスメーカーでは施工やアフターケアに関しても自社の職人が対応するわけではないので、下請け業者への問い合わせや職人の手配、スケジューリングが必要となり、時間がかかる傾向があります。

【まとめ】

防水工事専門業者と工務店・ハウスメーカーでは倍近い価格差があります。
とはいえ、施工内容にほとんど違いはありません。
直接防水工事専門業者に依頼することで、よりスピーディーに、安価に対応してくれる可能性があります
専門性が高いため、質が高い提案をしてくれて、アフターケアもしっかり行ってくれるはずです。

東京・埼玉・千葉・神奈川で防水工事をお考えなら、防水工事専門業者である株式会社リンクにご相談ください。
一級建築士、一級建築施工管理技士、一級防水施工技能士の資格を保有し、キャリア20年以上の防水工事のスペシャリストが在籍しているため、建物の形状や状態に合った防水工事がご提案可能。
低価格で高品質な施工を実現。
10年保証をはじめアフターケアも充実しています。
実際に価格が安い、対応のスピードが他社よりも早いということが決め手となり、多くのお客さまから選んでいただいております。

特に今工務店・ハウスメーカーに見積もり依頼をされている方は弊社にご相談ください。
施工費用を大幅に抑えられ、工期も短縮できる可能性が高いです。

費用と時間がかかる防水工事。ぜひさまざま比較してみて、賢く業者を選びましょう。

関連記事

記事一覧